2017年04月27日

松下奈緒さんのコンサートに行く!

コンサートネタが続きます。 つまり私的に音楽ブームの真っ最中!

という事です。

ストリーミングが一般的になった昨今でも
月に2~3枚のCDを買っている…という時代錯誤なワタクシですが、
買うのは全て海外のアーティストのもの。
日本のアーティストの事情はサッパリ不明です。

しかし!

松下奈緒さんはデビューの頃から気になっている数少ない
国内アーティストの一人で、その彼女が地元のコンサートホールに来る!
というので見に行ったわけです。

因みにこの日は10周年記念コンサートツアーの最終日。
ファイナルという事で、音の熟成されてて素晴らしかったです。


松下奈緒



各インストセクションの印象。



構成はDr,Ba,Synth,Vn,Vc,Gt,木管金管。

ドラムはSPとの親和性の高さからなのか
ハイハットとクラッシュの解像度が
非常に高く、ベースはウッペとの
持ち替えでしたが、エレキのほうが
良く鳴っていた印象。特にスラップ。

シンセは特定の楽器を担うというより
音圧増しを狙ったPOPS的な使い方が
印象的で、最もVOLマスターが大きい
弦は縦横無尽に美音を響かせてました。

私的に最も印象的だったチェロは、
コンバスと弦の調和を持たせる
橋渡し的な存在として際立って
いましたが、ピッツィカートの
鳴りが素晴らしかったです。

ギターはガット、エレキ、アコギの
持ち替えでしたがガットのナイロンが
非常に良く鳴っているのが
印象的で、ネイルアタックの音も最高。

木管金管を担当されていた "なんでも屋" は
僕が左端に座っていたため終始SPに
隠れていましたが、音を聴く限り、
ミュゼット,Fl,A.Saxの音が
聴こえていました。(残りは忘れた)
ミュゼットは鳴るだけでお洒落な
フレンチポップの色彩が出るため好きです。



多ジャンルで楽しい!



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
基本はPOPSを起点としていますが、
ウッペとブラシを使うドラム、
そして松下さんの弾き語りで構成される
ジャズショコラなどの曲では
完成度の高いジャジーなサウンドが登場。
かと思えば、何となくROUND TABLEに
近いような音楽性を感じさせる
オンボーカルなフュージョンサウンドが
出てきたりして表情豊かで楽しい!

そして何より松下さんのピアノが上手い!

指が動く動く。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
そしてご本人の美しくアダルティな
容姿とのギャップが魅力的な
あのカワイイ歌声!

序盤から中盤まではイエローの
フレアスカートワンピースで、
中盤からはカルメンみたいな
深紅のドレスで演奏してました。

カワイイとカッコイイの両立!

あの子やるね(←何様)



アンコールの衝撃!



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
セットリストが終了し、
アンコールを催促していると
ステージ上に現れたのはバックバンドの
方たちだけで松下さんは現れず。
「どうしたのかしら」と思っていると、

会場中のピンスポが突然僕を照らし、
観客が一斉に僕の方を見る。

僕パニック。

するとほぼ生声で松下さんの「ここだよ」の声。

「は?」と思って振り返ると、目の前(2mくらい先)の通用口から天使登場。

流石に一番最初に思ったのは「やっぱ綺麗な人だ!」でしたが、
すぐさま湧き上がってきた次の感想は、

「ってかこの人デカッ!」です(失礼)

帰ってからwikiで調べたら174cmですって。 嘘だ。もっとデカかったぞ(失礼)


posted by makomako972 at 21:15| DIARY | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

クラシックコンサートに行く!

二ヵ月ほど前、たまたまシンフォニーホールの
スケジュールを見ていると
大阪フィルによるラフマニノフピアコン2番の文字発見!
しかも抱き合わせはチャイ4!!

これは聴きたい!

ということでチケットを確保。
で行ってきました。


シンフォニーホール





ピアノ協奏曲第二番。





↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
以前から度々記事にも書かせて
頂いていることですが、
僕が思うにこの曲は

「人類が生み出した音楽の最高峰」

だと思っています。
かなり仰々しい表現ですが。
CDやYouTubeで聴きまくって耳タコな
曲ですが生で聞くと筆舌に尽くせぬ感動!

40分という演奏時間はこれほど短いのか…
と悲しくなるくらいアッと言う間の出来事でした。
美しく鳴る一楽章のファゴット、二楽章のフルートと
ピアノのデュエット、すべての楽器が華やかになる三楽章の転結。

ショパンコンクール最優秀演奏賞受賞の経歴を持つ
及川浩司さんの魔法のような音色は小学校からピアノを
習っていた自分にとって衝撃でした。

どうやったらあんなダイナミックで繊細な音が出るのだ!





交響曲第四番




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
私的にメインは前章の
ラフマニノフでしたが、
このシンフォニー4番を実際に
聴いたら考えが変わりました。

スゴイ。

なんだ、あの四楽章の
ラスト16小節の洪水のような音の集積は。
CDで聴いたのと全然違うぞ(笑) 特に金管。 
序奏のファンファーレから全然違ったのは
違ったのですが、何もかも違います。
シンフォニーホールは音響設計に秀でた
施設だとは聞いていましたがDRが
広いのに解像度は頗る高く、
音場に異様なまでの立体感があります。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -

数年前、Dolbyがprologic2zで
わざわざ縦軸の立体音響アルゴリズムを
含む新たなサラウンドマトリクスを
各社のアンプにインストールしたのは
こういう類の音響を
再現したかったからなのか!!
と何となく得心しました。



アンコール。



指揮者の小林研一郎さんのお話の後アンコールは「Londonderry Air」
これまた僕の大大大好きな曲です。

ああ、こんな幸福なことがあっていいのか!


↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
曲は敢えて金管は使用せず、
ストリングス主体で優雅に
演奏される珠玉の編曲です。

聴き入るうちに、古典民謡というのは
時として国歌よりもその国の風土や文化を
反映する強いアイデンティティをもつ
ものなのだと感じました。
でもそれは決して自意識的で扇動的な
民族主義ではなく、人々の何気ない
日常の中に息づく細かな幸福の集積。
季節の移ろい。色づく木々や花々。
澄んだ空気が運ぶ自然の爽やかな香り。

そして何よりその国で生きる者たちの大いなる慈愛。

そんな幻想的で美しい風土を感じさせてくれます。


珠玉の芸術を観た時はいつも感じることですが、
これほどまでに深く感動したのに、
ただただ拍手を送ることでしかできない歯がゆさったら!!

だからいつも全力で手が痛くなるほど全力で拍手します。

なにせメチャメチャ感動してんだから、こちとら。





で、感動のラストは駐車罰金




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
帰りに最寄り駅に駐車してた車に戻ると
見慣れない紙が挟んであるのを発見。
読んでみると、、、、


「駐車券の時間確認できず」


の文字。
何ぃ!きちんと前払いで支払ったぞ!!
と思い、駐車券を貼り付けたはず
のフロントガラスを見ると、、

券が剥がれてダッシュボードの上に
裏向きで落ちているでござる。



……

………

成程。これはどう考えても僕のミスです。
ということで罰金代わりの
一日分の駐車チケットを購入(300円)

次から気をつけないとー。
posted by makomako972 at 13:59| DIARY | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

今年も庭の桜が咲く。


今年は相当遅かったです。何故かしら。
先日、星組のスカーレットピンパーネルを
観劇しに大劇場へ行ったときには既に「花のみち」の桜は
満開で壮麗な風情だったのですが、自宅の桜は蕾だらけ。

二日前位にようやく八分咲位になり、今は満開。


庭桜



今年は雨ばかり。




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
相当遅い開花だったわけですが、
ようやく咲いたかと思うと雨、
しかも花冷え。
次の日は二分咲きの雨、
しかも花冷e…
その次の日も雨、しかも花b…
五分咲きになった次の日も雨。
しかもh…

キィィィィィィーーーー!!!

写真撮らせろぉぉぉぉーーー!

ってなもんですよ。

花見オンリーの方にはわかりづらい話ですが、
庭に桜があると雨が降ると地獄なんです。

雨で落ちた花びらが地面にへばりついて取れないから!
地面が真っピンクになったまま
ただひたすら放置するしかなくなります。




まあともあれガーデニングは…



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
・ホームシアター&オーディオ
・バイク&車&自転車
・ピアノ&ギター&歌唱


と並んで四大主要趣味として
位置付けているので、
この桜と庭池(写真右)は重要な
要素となっており、
気合の入れようが違います。

因みに読書や料理、ミュージカル鑑賞や美術鑑賞は
趣味予科生として扱われております。

そして今やキングオブ趣味は「宝塚歌劇」。

これですよ!



とまあそんなボクのどうでもいい話は兎も角、
ついでに池の鯉も写真に撮ってやろうと
自宅二階の階段踊り場の窓から庭を覗き込むと…




ネコ




なんやおるぞ?


近寄ってみると…おお、、これはネコ的なものではないか(野良タイプの)

さては鯉を狙っておるな!

ハッ!!愚かな!

我が池は鳥や猫などの野蛮な外敵に襲われないよう対策は万全にしておるのだ。

お前のような小型動物一匹ではどうにもならんわ!!

第一、狙っている鯉はお前より大きいではないか!!

ムハハハハハハハ!!

というわけでさらに近寄って望遠で激写。



ネコ2


写真を撮影した日から暫く経ちますが毎日こうして
池の鯉を鑑賞しにやってきております。

柄が白黒なのでコイツの名前は「牛」に決定。
自宅敷地内にあるバイクガレージの屋根で生活しているようです。

ハーレーのセルを回すと天井から

ズンドコズンドコ!!!という逃げ惑う凄まじい音が聞こえます。

posted by makomako972 at 13:41| DIARY | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

星組スカーレットピンパーネル観劇!

生来、「忙しい日々を送っています」とは言いたくない捻くれた性格で、
実際の生活もちっとも忙しいことはなく、暇な生活なんです。



今年はナゼか目まぐるしい。
このブログに記事として上げたもの以外にも
しょっちゅういろいろな場所に出かけるので記事ストックが溜まってきています。

大体一週間に一度のアップでここ数年はきているので
そのペースだと7月初週頃までの記事は既に仕上がっています(マジメか!)


しかし、今回はそれらの予定を全て繰り上げて
まずこれに関する記事を書きたいわけです。
新星組によるスカピン!!!

去年、石丸幹二さん&安蘭けいさんコンビのを梅芸に観に行きましたので
それ以来で、宝塚版を実際に観劇するのはお初。BDでは狂う位に観たけど。


宝塚スカピン



パーシーは紅さん向きのキャラだと気づく。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
とうこさん=パーシー。というのは矢庭に
理解できることですが、紅さんに関しては、
彼女が毎度出演したときのカフェブレの
自由感とかスカステの各番組での
ハチャメチャ感とかを考えれば、
「パーシーブレイクニー」という
多重人格的に周囲の人間をコミカルに
翻弄する人格像がドハマリすることは
明白だったはずなんですが、
それを観劇中にようやく気づく(←遅い)



特に印象的だったのが、「炎の中へ」の
導入部で上着を颯爽と脱いで
隣の男役に渡すシーン。
何時もならサッと脱げるはずのその上着の
袖の部分が、この日ばかりは思うように
外れず紅様は悪戦苦闘。
5、6秒ほど袖をグリグリしていたか思うと
急に観客の方をサッと振り向き、

「ひっかかったぁぁぁぁぁ!!!」

と大絶叫。

ボク爆笑。お客さんも爆笑。



綺咲愛里のすんごい色気。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
パンフ(写真右)の「ごあいさつ」の欄で
小池先生も寄稿しておられるように、
まさに「アイドル顔」の彼女は
綺麗でもありますが、どちらかといえば
超可愛い!!という感じで、男としては
それだけでホクホクなんですが、
彼女の演じるマルグリットの
色気には痺れました。低い声が出る出る。

思い返してみると、初演でマルゴーを演じた
遠野あすかさんの色気はまさしく規格外で、
あの時点で既に「人妻感」みたいなものが
すんごかったんですが、
綺咲さんも相当なもんでした。



その他出演陣。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
何と言っても七海さんの新譜でしょうか。
ブリドリ+では天才妄想プロデューサー
と化す彼女ですが、
あまりのイケメンっぷりと
演技っぷりで

「この人なんでもデキる人ね!!」

と感動。


エリザベート

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
あと印象的だったのが壱城さんです。
89期を贔屓するベタなワタクシは
宙エリザでゾフィーを演じた
せーこさんをオペラで覗いてたみたいに
ジロジロ観ていたのですが、
紅さんと共に端役で初演を支えた
キャストが主要キャラとして活躍する
再演を観られるというのも
同劇団独特の稀有な魅力の一つですね。




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
スカピンは原作を読み、初演星組版をBDで
100回位観て、去年は外部カンパニー版を
梅芸で観て (写真右) さらに今回の
再演星組の観劇と私的に縁深い作品です。

そしてワイルドホーンさんの音楽は
珠玉の名曲ばかりだなぁ~と思います。

それと同時に実際に「君はどこに」を
ピアノで演奏してみたり、カラオケで
歌ってみたりすると
その難易度の高さにも驚きますが。




↓管理人が演奏してみた。 「君はどこに by スカーレットピンパーネル」

タグ:宝塚歌劇
posted by makomako972 at 09:27| DIARY | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

総資産100兆ドルの大富豪になりました。

信じられない話かもしれませんが、
世の中にはウマい話というのがあるのだなと感じました。


100,000,000,000,000ドル札を入手。
本物の政府発行券です。


ジンバブエドル


色々な人が

「これはUSドルじゃない」とか
「それ一枚だとうまい棒すら買えないよ」とか

ワケのわからないことを言っていますが、要は嫉妬なんですよね。

100兆ドルの資産家になった僕への。

ジンバブエがどうの…なんて無知蒙昧なことを言っている人もいました。

いずれにしても100,000,000,000,000ドルというと日本円で約一京円。

フォーブスが取材に来ることは間違いない。
なにしろビルゲイツさんやウォーレンバフェットさんよりもお金持ちになったんだから。

でも浮かれている場合ではない。

難民問題に経済格差。子供の貧困に疫病対策。

資本の投入で解決の一助となる世界の社会問題は数知れず。
だからこぞこれからの僕が果たすべき役割は大きい。あまりに大きい。
今までにない重圧と責任感を感じます。


ジンバブエドル


posted by makomako972 at 17:20| WATCH & SUNDRIES | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
ランボルギーニ
の自転車を買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事