2017年01月17日

十五少年漂流記 & 蠅の王

大晦日は「ガキ使」で、新年あけたら「格付け」。
2日は親戚でワイワイ新年会。
J-comの宝塚ドリームコンサートのOAを観て
その日の夜からは暇なので仕事を再開しつつ、
趣味に関する幾つかの雑用を行い現在に至ります。

で今回は、「無人島に流された少年たち」という
同じテーマを持ちつつ全く異なった描写をする
二作について書きたいと思います。


2016


闇と憎しみ。 蠅の王



蠅の王

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ノーベル文学賞作家としても知られる
英作家、W・ゴールディングの代表作。

同氏の戦争体験に由来するリアリズム、
無頼的思想が徹底して作品を支配しており、
人間そのものへの信頼、
信託がまるで窺えません。

少年たちはまさしく、トマス・ホッブズが言う
「万人が万人に対する闘争の状態」
であると言え、その本来悪を「獣」と
比喩することで、読者を含めた登場人物全員に
"本当の恐怖は人間" であるという
事実を文学的に提示しているのが特徴です。


希望と光。 十五少年漂流記



十五少年漂流記

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
フランスの大作家ジュールヴェルヌの傑作で、
明治時代より日本国内でも絶大な人気を
誇ったと言われる王道冒険活劇です。

トラジディやカタストロフを読んだり
観たりして、絶望と悲劇という題材の魅力は
多分に理解したつもりでいましたが、
少年たちが幾多の困難と抗争を乗り越え
遂には立派に生還し、家族との再会を果たす
場面を読むと、メチャメチャ感動してしまい、

「ああーやっぱこっちの方が好きだわー」 

と一言。 単純な人間なんです。僕は。
でも「蠅の王」も本当に素晴らしい作品ですヨ!
posted by makomako972 at 04:05| 読書 | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
ランボルギーニ
の自転車を買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事