2016年11月09日

嵐が丘 エミリー・ブロンテ

英文学史の中核を成す非常に優れた作品です。

天才腐女子の妄想大爆発…というのが
私的なこの作品の印象。
特にキャシーがヒースクリフに妹を紹介する場面とか
読んでてブヒりします。

キャサリンの娘がキャサリンだとか、
ヘアトンとリントンが同居だとか
構成上致し方ないものの
登場人物の名前や血縁関係が複雑なのが玉に瑕で、
読み止しでしばらく置いておくと確実に

「ヘアトン?…リントン?……えー……誰?」

となります。(僕だけか)


嵐が丘



ヒースクリフ。






女流作家の被造物とは思えぬほど
一貫して傍若無人で怜悧狡猾な
人格を体現し続ける人物ですが、
終盤、両家の世代が完全に入れ替わった
辺りからそれまでの人格に抗う
本来の彼の姿が現れ、
そのアンビバレンスな感情に抗い、
やがて死期に際して受け入れていく…
という一連の姿は、
何とも深遠で美しいですね。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -




以前、世界的に有名なバラ育種家である
デイビットオースチン氏が国内に唯一作った
広大なバラ園に行ったとき
「ヒースクリフ」という品種を見つけ(写真右)
育種家もすごい人物を名前にするなぁ
と率直に感じたのですが、
今考えれば何となく合点がいく次第。





キャサリン親子。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
母娘とも良家のお嬢様らしく、
気位が高い上に理想主義が色濃く、
スタンダールの代表作
「赤と黒」に登場する
マチルドを連想させます。

特に印象深かったのは、
死に際、ヒースクリフに言った
呪いの言葉に代表されるように
母キャサリンは、終始作者の鋭い
死生観を体現しているのに対し、
娘キャサリンは、非道な行いをする
ヒースクリフに対する抵抗を、
作者の持つ数多の倫理、道徳観を
駆使して体現しているところです。



映画版



1992年のピーター・コズミンスキー監督版
「嵐が丘」もこの際なので拝見。

坂本龍一氏のシンボリックなテーマソング
が独特の雰囲気を醸し出す作品で、
ヒースクリフ役のレイフ・ファインズの
怪演がとにかく印象に残ります。
スゴい迫力。てか怖い!
あんなんと屋敷で同居とかホント勘弁。
よって観終わったとき全体印象は彼の
演技が司っていると言っても
過言ではありません。


物語はイザベラとの生活等を割愛し、
原作全てを描写することはせず、
映画というキャパを理解し、必要な
骨組みを効率よく構成しています。
そのためバタバタした印象無く
見れる秀逸な作品です。



↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


AMAZON


posted by makomako972 at 03:26| 読書 | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
ランボルギーニ
の自転車を買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事