2011年02月14日

The Catcher in the Rye    J.D.Salinger

御伽草子のレビューでも書いたことですが、今作は東京大学文学部助教授でいらっしゃる柴田元幸さん曰く、
太宰治と星の王子様と並ぶ一種のサンクチュアリであり、レビューを書くとなると当たり障りのない様な話ばかりになってしまいそうです。
私的にもサリンジャーの作品で一番好きなのは何?と聞かれると素直に本作を挙げるのがためらわれる部分があり、
ついついナイン・ストーリーズなどを推してしまいます(なぜでしょう?)

Holden With Laughing man[1].jpg


因みに僕自身はこのキャッチャーインザライを野崎版二回、村上版一回ずつ読みました。
一般的に西洋文学やアメリカ文学含め、翻訳者が異なる…という理由で同じ作品を二冊持っているというのは今のところこの本だけです。
更に写真右に写っているサリンジャー戦記は、このキャッチャーインザライの考察解説本となっていますので、
実質的にこの三冊は本作を100%楽しむ上で重要な三点セットとなっているという印象があります。

野崎版と村上版の違いについては、色々な意見があるようですが、これもクリスティの「And Then There Were None」でも書かせて頂いた
表現規制の問題があり、野崎訳のような伸び伸び生き生きとした文体とは異なり、村上訳はやはり上品になっているという印象を受け、
より純文学的な文章になっていますので読みやすいですが、初読の方にインパクトを与えるなら野崎訳が一枚上手かもしれません。
でも、もし野崎訳で本書を気に入った場合は村上訳も続けて読んでみて、
才能溢れる翻訳家としてのこのお二方の作品に対する解釈の違いを比較してみるのはなんとも面白いですね。
「あれ?この一文は野崎訳には無かったな」とか、或いは逆に「この一文は村上訳には無かったな」といった箇所があったり、
極端な例で言うと野崎版のフィービーはホールデンの事を「兄さん」と呼びますが村上訳では「あなた」になっていたります。
別冊のサリンジャー戦記で村上さんはこのフィービーの「you」をどうしても「お兄ちゃん」という解釈ができなかったと語っており、
これが罷り通るなら本書の翻訳は不可能だったとまで豪語するほどの拘りを持っているようです。

柴田教授の生徒さん(おそらく東大文学部生)が村上訳と野崎訳を読み比べ、様々な感想をお持ちになった旨が「サリンジャー戦記」に記載されていますが、
その中でも面白いのが、本書序盤、ホールデンがスペンサー先生の毛布を「Sad」という言葉で表していますが、
これが野崎版では「しょぼい」といったような軽蔑の意味があるように伺えますが、
村上訳では共感や同情の意味合いが感じられるような印象を受けたと語っている点です。

これは教授曰く、世界の全ての正解を持っているのは俺だという色が野崎版に比べてずっと薄いから、
sadの場合も、単に相手が情けないだけで、自分は全然sadじゃない、
じゃなくて自分が悲しくなるsadnessである…とご指摘なさっていますが、私的にもそのような印象を受けました。

それ以外にも158項に於いて、
「ホールデンは崖から落ちる子供をキャッチしたいと語っているにもかかわらず、
終盤動物園にて子供が金色の輪っかを取ろうとするのは落っこちそうで危ないけれど、
取りたいんだった危なくても好きにさせる方が良いんだよ…と言います。
これは言い換えればキャッチなんかしなくてもいいんだよ…と言っているとも取れる。
この違いをどのようにごらんになりますか?」


という凄まじい質問が寄せられたことが記されています。
村上さんもこの質問に対して「面白い指摘だと思いますね」と語っていますが、私的にこの学生さんの高い洞察力には強い感銘を受けました。
言われてみれば、この矛盾は物語に於いて決定的なマターでありますが、恥ずかしながら僕は数回読み返しているにもかかわらず、一度も気がつきませんでした。

これについて村上さんは、
「彼(ホールデン)が考える”イノセンスを守る”ということ自体が定義不可能なものですよね。まるでイメージみたいなものです。
その定義不可能な総論のようなものを、人生の目標として定義しているから、各論レベルで矛盾が生じてくるわけです。」
(159項)

とホールデンの二転三転する言い分を巧みに分析しておられます。


そんな彼の二転三転する言い分を聞いていると私的にいつも思い出すのが「クレタ人のパラドックス」です。
これは賀東 招二先生の小説フルメタルパニックなど、多くの作品に引用される
「自己言及のパラドックス」と呼ばれるもので「この文は偽である」という構造の文を指し、
自己を含めて言及しようとすると発生するパラドックスのことです。
この文に古典的な二値の真理値をあてはめようとすると矛盾が生じる…というもので、
「この文は偽である」が真なら、それは偽だということになり、
偽ならばその内容は真ということになり……というように無限に連鎖するといった解釈なのですが、
例えば本作も序盤からホールデンは「僕は嘘つきだ」とかなりしつこく言及しており、
果たしてペンシーのスクールを出てからのニューヨークでの数日は、彼が語ったとおりの内容だったのかは些か謎な部分が多くあります

例えば村上春樹訳で詳しく書かれている事ですが、ホールデンは自分の妹フィービーについて「スペリングテストで非常に良い成績を残している」
といった内容の話をしますが、翻訳前の原文に書かれている実際の彼女のスペルには間違いが異常に多く、
彼が自分の妹を過大評価しているのか、それとも別の意図があるのか謎な部分となっています。

その他、謎と言えばアントリーニ先生は同性愛者なのか?とかホールデンが最終的に居るサナトリウムとは精神病院なのか?
など色々挙げることができますが、それら全てをひっくるめて興味深い一冊であることは間違いない傑作です。


↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


AMAZON





posted by makomako972 at 13:29| 読書 | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
楽器演奏動画の
紹介
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメCDの一覧。
DSC05355[2A].JPG
オススメBDソフト一覧
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。







my bikes[1][1].jpg



Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250


latest article[1].jpg


最近の記事