2012年02月27日

心理試験  江戸川乱歩

「……千早さんは、乱歩とか読むのかしら」

「乱歩…江戸川乱歩のことでしょうか」

「そう、その乱歩の作品でね”心理試験”と云う作品があるの……知っている?」

「いえ……」

どうして香織理さんは、急にそんなことを云い出したのだろう。
相槌を打とうにも、香織理さんがその話をする心理がまったく解らず、僕は途方に暮れるしかない。

「貴方は……完璧すぎるわね」


……と言うわけで今回は上記の一文が出てくる某作品から知った一冊です。
吸血鬼カーミラも同じ作品から知ったので二作品目ということになるでしょうか(誰得な話ですが 笑)

心理試験



初めて体験した倒叙の魅力。



人間椅子

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
“倒叙ミステリー物の祖”といわれる非常に有名な一作で、
まず読んでみてまず初めに感じたのは主人公蕗屋 清一郎の凶行に及ぶ
動機付けが短時間で技巧的に描かれていることでしょうか。
彼自身の狂信的な自己に対する選民的思想を基として老婆の殺人に
対する正当性を説明していくわけですが、
その文章の過程に於いて、心理的な齟齬や矛盾が無く、
そういった意味でも序盤から確立した推理小説となっています。
用意周到に情報を収集し、犯行を行う最中も至って平然に事を行い、
且つ誰の目にも止まることなく一事を全て終え、剰え自分の懐に飛び込んだ
大金を迷うことなく警察署に紛失物として提供し、時間の経過と共に今度は
その大金を所持し、また使用する事のできる“正当性”という土産を伴って
自分の元に帰するように企てるという誠に伶俐狡猾とも言える蕗屋の人格が、
倒叙形式を用いることで禍禍しく描かれている点も素晴らしく、
強腕の才…というものを感じるところです。
そう考えてみると成る程、確かにこの作品の場合、倒叙形式で一部始終を
読者に見せることによって、後に刑事や探偵などの第三者から全てを暴かれる
一般的な形式の推理小説に比べ、より作品全体の臨場感や説得力が増し、
作品全体に漂う独特の雰囲気を与える大きな一因となっているとも感じられますね。
心理試験の結果を精査する検事と明智の場面では図解が使われ、
リアリティーを演出すると共に、文章で箇条書きにするよりも
当然のことながら解りやすく、当該箇所の語句だけ蕗屋の回答に
違和感があるという明智の指摘も図を参照しつつ読むことにより、
一目で理解することができるようになっているのも親切設計で、
取り分け文章の理解力に乏しい迂愚の僕なんかには有り難いわけです。
何はともあれ、同氏の代表作として同じく有名な 「人間椅子」 は
最後の最後に、本編にとって非常に重要な核心的テーマやオチが
提示されるのに対し、こういった倒叙形式も面白いものですね。


毒虫と芋虫。メタモルフォーゼで見せる不気味な世界



変身

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
その他の作品で気になったのはやはり一番最後に
収録されている「芋虫」でしょうか。強烈な一作だと思います。
物理的に虫になる…という一種メタモルフォーゼを切り口とした作品である
という意味ではフランツカフカの代表作「変身」に似たような作品なのかと
あれこれ考えながら読んでいましたが、全く異なる作品でした。
まず介護する側の人間の心の内にある欲求の種類が全く異なります。
「変身」の主人公、グレゴールザムザはある日突然朝起きると
自分の姿が醜い毒虫になっているのに気づき、
その後は家族が、ありとあらゆる手を尽くしてザムザの存在を世間から韜晦し、
何よりそのザムザの面倒を見ることが家族全員全くの不承不承であったのに比べ、
「芋虫」となった中尉を介護する妻時子は、初めのうちは正常な心の内に
介護していたにも関わらず、次第にそれを一種異様な性的嗜虐心へと
発展させていき、両手、両腕、両耳の聴覚、更には発声する力をも失い、
外界を繋ぐ唯一の手段は視覚以外に無い…という自らの夫の両目を
遂には潰してしまう…というところまで自体が展開していきます。
壁に刻まれた「ユルス」の文字に二人の最終的な和解が垣間見れる
という意味に於いては、最後の最後まで家族の邪魔者扱いされ
その暴力の内に命を落とした「変身」のザムザに比べれば、
極端なカタストロフには属さないかもしれませんが、実に興味深く、
また力強い一作であることは僕なんかが言うまでもないことでしょうか。



↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


AMAZON





posted by makomako972 at 10:27| 読書 | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
ランボルギーニ
の自転車を買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事