2014年04月21日

手持ちの時計コレクション。

少し前から、廉価な腕時計の収集をするのが趣味となっていまして、
その過程で収集した時計を紹介してみたいと思います。


2016


HAMILTON KHAKI



ハミルトンのカーキ

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ベンチュラで有名な同社ですが、
手持ちでハミルトンはこれだけ。

後に紹介するCYMAの手巻きと同じく、
戦場兵士のための時計という
コンセプトで、
ミリタリー色が強いデザイン。

なのであまりフォーマル向きの
時計ではありません。
しかし時計自体の作りは堅牢で、
GUCCIの5500やBurberryのBU1373と
比較すると、価格が少し高めに
設定されていることも相俟ってか、
一歩上の高級感があるように感じます。


ハミルトンのカーキ

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
裏ぶたの刻印は凝ったデザインで
純正ベルトの質感も上々。

インデックスは自発光で、
些か"高級感"を損ないますが、
そもそも高級時計ではありませんし
前述通り、「戦場使用」を想定している
ことを鑑みるに機能重視の製品
と言えますでしょうか。



ハミルトンのカーキ3

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
同社製品群で特筆しておきたいのが、
付属ウオッチケースのデザインです。
表面がアクリル製で拵えられた
この時計形ケースは、上部についてる
竜頭型の留め金で開閉します。
ベロア調の外殻も、生地とステッチの
色合いを変え、ツートンにしているのも
気が利いているポイント。






GUCCI 5500M





グッチの多彩なライナップ中、
新品実売8万円~12万円の
エントリーモデルです。
しかしハンドやインデックスの
デザインが違ったり、天然石を
文字盤に装飾したラグジュアリー
モデルもあったりと種類は豊富。

因みに5500はブレスが一般的ですが、
これは皮ベルトの純正。

竜頭に "GUCCI" の文字が刻印され、
ハンドの中心が“G”になってたりと
細部でコーポレートカラーを表現してます。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
クォーツは使用しないとき竜頭を引いとくと
電力節約になる…という情報がありますが、
色々調べてみると…そんなこともないらしく
放置したほうが故障を招かず良いとのこと。

電池寿命は平均して二年から三年。
海外ブランドの製品は初期装着される電池も
外国製なので日本製に比べトラブルが多く
専門家は早期の交換を慫慂していますので
僕自身も新品で購入した製品は切れる前に
換えてます。





CYMA CYMAFLEX



1862年にスイスで、時計商
ジョセフーシュワオプにより
設立された時計ブランドで
150年以上の歴史を持つブランド。
(出典 ウオッチアゴーゴーNo.38)
1876年にスイス初のオート化を成し遂げ、
1939から1946年にかけては
ミリタリーをイギリス軍と中国軍を
中心に供給した経緯があります。

パリ・ビジョウ賞、
ブリュッセル博覧会での
グランプリの受賞歴を持ちます。
この「CYMAFLEX」は「CYMATAVANNES」
と並び同社独自の耐震設計が
施されたモデルで、1950年代に
製造されたもの。



CYMA-CYMAFLEX

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
外装は18K。自動巻きが主ですが
これは手巻き。
所有している時計で手巻きはこれだけで、
毎回20~25回位ビビリながら巻いてます。
唯一…といえば秒針の動きも独特で、
秒針が一秒の距離を一度で跨がず
0.5秒ごとに移動し、二歩で一秒分の
距離を移動する面白い動きをします。

風防が湾曲に合わせ、秒針や長針短針が、
湾曲しアップライトのインデックスに
干渉しないよう精緻に作られた品です。

60年以上前のモデルですが日差は±1分以内。
デザインも薄手で上品なので、フォーマルでも勝手が良いです。




burberry Chronograph BU1373




クロノは左が秒針、中央が時針、右が分針。
秒針はストップウォッチで、
普段は12時の位置で停止しています。
本体は直径40mm×厚み10mmと
一般的なサイズで3気圧防水仕様で、
手持ちの時計ではD&Gのサンドが最も
フェイスが大きいですがこちらの方が
厚みがあるので重量感たっぷり。

外箱が立派で、今まで購入した時計の中では
過去最高のデカさです。
タグホイヤーの時計なんかは、
古いモデルだったからか
取説がペラペラだったのに驚きましたが
この時計の取説の分厚さは異常です。



burberry Chronograph

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
通販購入でベルトの調整は毎度
自分で行うので必要があり、
商品到着後、早速調整工具を駆使し、
作業を行いました。

一般的な時計のベルトであれば
この作業は数分で終わりますが、
ベルト柄がヘイマーケットチェック
になってるのでシャフトを刺すのに
苦戦しました。
因みに文字盤もベルト柄と同様の柄に
なっており一目で同社製と判る一品です。







TAG HEUER 2000





F1コンストラクターのマクラーレン
と親密度が高い企業の製品が
メルセデス針とはこれ如何に?

さて、同社で有名なモデルといえば
カレラやモナコなどですが、
そんな高価な製品は買えず、
この2000で…ということになるわけです。
40万円以上する他のモデルに比べて、
新品でも10万以内とお値打ち品。

デイトとタイムという典型的なクォーツ。
文字盤の一部が自発光で。
なにかと使い勝手が良い品です。






RADO Unknown



祖母宅で眠っていた腕時計です。
応接セット入れ替えを手伝った時に
報酬のような感じで貰った一品。

そもそもは祖父が保有してた品で、
オメガの時計やら何やらもあった
ようですが、それらお金になりそうな
品は既に売却し、いわばこれは残党。




RADOの時計

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
因みに祖父は生前、
県内に数十店舗展開しているスーパーの
会長職を長きに渡って歴任した人だったため、
金遣いの凄さも相当で、亡くなってから
数年たった今でも遺品を整理しきれず、
40着くらいのオーダーメードスーツが
出てきたり、ゴミ袋が満タンになるくらいの
ブランドネクタイが出土します。

さて、肝心の時計ですが、
わかったのはRADOの時計だということだけ。
至って一般的なクォーツですがベルトが
純正なのかどうかも不明。定価も不明です。





DOLCE&GABBANA SANDPIPER




ドルガバでもD&Gな安モノ。
しかし非常に丈夫で、
購入して数年経ちますが、
今尚現役で重宝しています。
クロノグラフ形式で、
ストップウォッチ機能が
バーバリーと同じく使用することはなく。





RADOの時計

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
なおダイアリーもありますが、
タグホイヤーの2000と同じく、
調整が楽なのが私的にはGOOD。
時計は数が増えると
ダイアリー調整の鬱陶しさが
比例して大きくなりますから。
私的には革ベルト…というだけで、
購入後の駒交換が必要ないという
メリットがありますので何となく
魅力的に感じているようです。
流石にめんどくさがりも
ここまでくれば重傷でしょうか。





SEIKO SilverWave





手持ちでセイコーはこれだけ。
ベルトはコマ調整が不要な
フリーアジャストなので
手軽でイイのですが、
この蛇みたいなコマが
腕毛をブチブチ抜きよるので
多少つけるのが億劫な一品。

文字盤も単色のシルバー。
(写真ではゴールドっぽいますが…)
数字表記なしのシンプルフェイス。




G-SHOCK & Baby-G

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
1980年製の7121-7010。
ムーブメントはクオーツ。
ねじ込み式リューズを
全モデルに採用し防水性を
高めスポーツユースを
想定したモデルでもあります。

このモデル以外には、
カットガラスを採用したものや
カレンダー表示付きのモデルも
存在するようで多種多様な
商品展開がなされています。





G-SHOCK & Baby-G



G-SHOCK & Baby-G

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
レジャー用途として備えている時計。
あとはバイクに乗るときにも使用。
車種によって時計を換えたりしていて、
ドゥカティやハーレーではタグホイヤー、
ハミルトンなどが出動し、FZや
以前所有していたNSRではこの
Gブラザーズが使用することが多いです。

因みに左の黒いのは学生時代(中学生)に
購入したモノで、右側のは妹が
引っ越しする際に貰ったもの。

安物ですがタフなので重宝する時計たちです。






ALBA 懐中時計





↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
手持ち13本目の時計。
うち一本が故障した時は、
こいつがイスカリオテのユダなのか
…と邪推しました。
数字には異様な執着がある僕です。

さて、このALBAの懐中時計は直径36mm。
少々小ぶりの部類に位置する製品で、
ケースのサイズは一般的な腕時計と
大差なく、ご覧の通りの
オープンフェイスであることも相俟って
両者の差はチェーンかブレスかの差程度。
チェーンは金メッキのナスカンからの
ベルトクリップという仕様。


↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ベルトクリップは製造する
ブランドによってお互いの歯の
クリアランスに個体差があり、
これは5mm近くあるので、
それなりの肉厚のある対象に
引っ掛けないと落ちそうです。

とは言え、エントリーモデルとしては
最適で、お値打ち価格であるにも
かかわらず、製品の品質は上々。
私的には中々気に入っています。



E かいちゅうどけい


↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
H&K PSG-1以来の自撮り。
ベストはカルダンのスリーピースのを使用、
スーツは専門店のオーダー品で、
三脚立てデジカメ+追尾Fで撮影。
設定は照明の色温度に合わせた
手間の割にチープな画像ですが、
モデルがモデルなんで仕方ありません。

埃が溜まりやすいジャケットの
ポケットに入れると
時計にダメージを与える為、
ベストのポケットに入れてます。

確かに3ピースのベストは
「こんなちっさいポケット、何に使うんさ」
ってくらいに浅く狭いので、
懐中時計を収納するには最適です。




CASIO CALCULATOR



カリキュレーター

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
コンセプトや工業デザインが
気に入っているので、
幾ら時計を買い足しても一軍ケースから
締めだせずにいる一本です。

スマートウォッチが各ブランドから
発売されている昨今だからこそ、
押せないくらい微細なボタンが
敷き詰められた「電卓腕時計」という
独特の個性はノスタルジーと共に
際立つものだと思っています。


世田谷ベース

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
所ジョージさんが以前、ご自身の名を
冠した有名なレギュラー番組内で
無駄な機能の面白さについて、

そんな機能(無駄な機能)の魅力は、
本来それらの製品が備えているべき
携帯性や操作性という価値を
著しく損なってまで
実現している本末転倒なところにある。


と言及されていました。
これは非常に興味深い洞察です。

カリキュレーター2

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
人が機能性を最大限に要求するとするなら、
物が沢山入れられるポケットが山ほどついた
服がベストセラーであるはずですし、
街中は経済的で機能に溢れた軽トラで
埋め尽くされているはずです。

でも実際にそうではないですよね。
(もちろん軽トラは素晴らしい車ですが)
人は一見して機能性を訴求していながら
無駄な機能というデザインに魅了される
性質があるというのを
思い出させてくれる一本です。





↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


YOU TUBE


HAMILTON Official CH





AMAZON




posted by makomako972 at 13:15| WATCH & SUNDRIES | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
TREKのカーボン
バイクを買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
外出録の
まとめ
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事