2015年08月21日

Bianchi  VIA NIRONE 7

器のほうが完成したので、次は具の買い足しに。

自分で購入した自転車としてはランボのMTB-26に次いで2台目、
車、オートバイを含めると今回で13台目、
原付免許を取得した16歳から約10年でこれですから
毎年一台以上買っている計算になります。

こういうマヌケな金遣いは、いつも本人が越に浸っているだけで、
誰にも見向きもされないか、馬鹿だと後ろ指を指されるだけなんで
早く止めた方がいいんでしょうが、物欲だけが個性の人間とは悲しいかな、
金が無いくせに醜くしがみついて離れられない。
まるでどっかの本に書いてあった
「アルジェリアの間抜けな猿の寓話」みたいですね。


ビアンキ



ビアンキロードになったのは…。



アルファロメオとドゥカティ

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ビアンキのプロダクトには憧れが
あったのでブランド選びという事では
あまり時間が掛からなかったものの
車種選びではクロスのユーティリティ性を
考慮しつつもスポーティな走行が行える
CAMALEONTEやROMAシリーズも一時
考えましたがやはりロードのジオメトリが
好みだという事でコチラに決定。

ドゥカティSS900やアルファ147の時も
そうですが、酷いイタリアかぶれっぷり。




搭載コンポに関する費用の調査。カラーについて。




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
コンポは後から幾らでも交換できるので
フレームカラーの好みを優先して
このホワイト/チェレステゴシックに決定。
105モデルがコンポセット販売価格の
実売6万円の差額を下回るようだと、
そのグレードを購入したでしょうが、
国内では105モデルは15万円以上で
概ね推移していたため、コンポの
アップグレードは後々行う…
という方針になりました。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
同じく本命のカンパ ヴェローチェ を
搭載したモデルは、現行アルミ車では
20万円以上でないと無かったため、
同モデル購入するならヴィアニローネを
10万円ちょいで購入しヴェローチェ+
ゾンダ、更にその他ペダルやサイコン、
ホルダーなどの小物をウイグルで揃えても、
20万円以内で抑えられるため、やはりコンポや
ホイールを変更する前提で購入するビアンキの
アルミモデルとしては、ヴィアニローネが最も
自分の嗜好に合っているようです。



アルファロメオとドゥカティ

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ホワイト/チェレステゴシックを選択した
理由は、最もカジュアルな印象で、
レース車のようなスパルタンさが
無かったためです。
オートバイにしてもそうですが、
見た目がスパルタン過ぎると着用できる
服装にも制限が多くなるのでこの色に。

結局は専門店で購入したのですが、
店頭に展示してあった15年車両は
ネイビーしか無かったため、店員に15年モデルの
ホワイト/チェレステゴシックを探してもらい、
持ってきてもらいました。
様々なトップチューブ長の車両を検討したのですが、
僕の身長170cmに符合するサイズとして
一般的に示される50ではレンジが短く
窮屈だったので53を選んでいます。



ベル。



装着に関する規則。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
道交法、及び条例によると、
「警音器」 の装着義務は、
各都道府県によって異なりますが
「警音器鳴らせ」 の道路標識がある
場所を無視して通過すると、
規則上は違反となるため、未装着の場合、
バイクと同様、下車し手押しすると
歩行者扱いとなりますが、
上記の内容が煩わしいようであれば、
装着すればノープロブレムです。



製品の選定。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
以前、扇工業の真鍮ベルの音を聴いた際、
澄んだ音色が非常に魅力的だったのですが、
クロモリにフィットするデザインだと
思ったため、ベル椀の小さな
サイクルデザイン製のベルに決定。
同等の製品が別ブランドがより
販売されていますが、
価格が高いほうを選んでいます

取り付け。

取付径に応じ二種のスペーサーが付属します。
バーの直径をノギスで測ると31.9mmだったので、
スペーサーを二枚とも引き抜いて地止め。
取り付け位置はステムの左、
本体を45°ずらして、バーとステムに隠れる
位置に取り付け、ハンドル上部を持った時、
親指でトリガーを弾けるように調整しています。




ライト。




電力源に関するあれこれ。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ショップの意向でクロス等は
電池交換などの手間などを考慮し、
ダイナモを慫慂される場合がありますが、
重量の点から私的に同意しかねるところです。

バネ下1kg軽は、バネ上10kgに相当する


といわれる車やバイクにしてもそうですが、地面に近いところに部品を
盛るのは、操舵効率に相応の影響がありますが、ハンドル取り付けの
ライトの場合は、取り付け位置の高低差や単体重量差に加え、
単三電池二本での動作というメンテ性を考慮しても
優位性があると考えています。

指定電圧を0.2v下回る充電池でも動作し、ワンタッチで取り外しが
できるので出先で簡易な懐中電灯としても使用できたり、
昼間だけの走行の場合は取り外して走れる…などのメリットも挙げられます。


製品の選定。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
FZ400やDUCATIの車検で書いている通り、
自動二輪の光量検査はシビアですが、
同じ路上を走行する自転車は何故か
装着の有無以外の主な規則はありません。
なので自分が夜間走行を一切しない
ということも加味し、
CATEYE HL-EL140を選択。
ビアンキのコーポレートカラーである
チェレステ色の設定があり、電力が単三で
あることも相俟って一台の自転車である
ランボルギーニMTB-26にも付けています。



ボトルケージ。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ライトと同様チェレステカラーに
ロゴが入った専用のボトルケージや
僅か数百円で購入できる安価なものまで
様々考慮し、最終的には可変式の
ベストセラーTOPEAKモジュラーケージ2に。
様々な形状のボトルをストックでき、
堅牢な造りなので安心して使用できます。
出先でペットボトル飲料を購入し、
ストックするスタイルの為、
専用ボトルは未購入。




サイクルコンピュータ。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
売れ筋上位4機種を比較検討。 
対象モデルは、

VELO-9 CC-VL820
CC-RD310W
CC-MC200W
CC-RD410DW


まずVELO-9は有線接続なので断念し、
反対に最も高価でケイデンス測定も
行えるCC-RD410DWは、安い自転車との
トータルバランスを考慮し断念。
ということでCC-RD310W、CC-MC200Wの
何れかということになり、CC-MC200Wには
バックライトとファンクション選択、
プログラマブルディスプレイの機能が
追加インストールされたCC-MC200Wに決定。
因みに両者の価格差は、

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
CC-RD310W 定価 7,560円
CC-MC200W 定価 7,128円


となっています。


本体部はステムに取付け、
そこから70cm以内と規定される
送信部は上下をタイラップで
止める仕掛けで、デカデカと
貼られたBIANCHIのゴシックを
跨がないよう景観を考慮し設置。




ワイヤーロック。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
自宅ガレージでは専用ロックを
使用しますので、これは出先での
駐車時を想定して取り付けたもの。
スペーシングの問題でスパイラルは
形状記憶金属で構成されるため、
必然的にスプリングの収縮効果により、
ケーブルの有効長はかなり限定されます。
例えば120cmあっても
直径120cmの柱には巻けず、
使用は電柱などに限定されます。




ステムボルト M5×20mm



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ステムボルトは目立つアイコンですが、
鉄メッキなのですぐ錆びます。
なのでステン製に交換するわけですが、
この手の作業で度々論議になるのが、
異種金属間の酸化作用です。
しかしそもそもステムはアルミ、それに
付属する純正ボルトは鉄だという時点で
異種金属となりますので、私的に
もはや議論の余地はありません。

取付けはトルクレンチで8nのトルクを順守。
固着防止のリチウムグリスも併用。



バーテープ




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
純正の白テープは汚れが
目立つため早々に交換。
こちらも視覚的に目立つアイコンなので
自分の好みにドハマりな
GIZA PRODUCTSのブラウンに。
スエード地のものもありますが、
クロモリでないのでスパルタンさを求め
パンチメッシュタイプに。

交換は自分でやりましたが、
暑かったため雑にしてしまい
細部に荒さが残っています。
因みにスーパ-ライト PUという
商品名ですが、軽量感は特になく(笑)





ポンプ&スタンド



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
メンテスタンドはミノウラDS-30BLT。
二段階調整できる折りたたみで、
定番だけあって安心の品質。

セカンドバイク、
ランボMTBに使用した様子 写真右

問題のポンプはパナのBFP-PSAR1しか
所持していなかったので
圧上限:約700kPa (100psi、7kgf/cm2)
までしか対応できず、そもそもゲージが
ないので調整が行えませんでした。そこで

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
空気圧上限:約1100kPa(160psi/11kgh/cm2)
のBFP-04AGA-Yを買い足し、
適正空気圧に調整できるようにしました。

体重が48kgしかない人間が使うと、
70psiあたりでシリンダーの気圧抵抗が
自重を上回り、押し返されるので
本体部分をヘッドロックしながら
でないと入れれません。

フルードをピストンで押した圧力で制動する
近代の自動車用ブレーキのように、
パスカルの法則で効率よく動作する
油圧式とか発売されたら買うんですが。



ペダル。




シマノのペダル

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
車両購入時はフラペでした。
体裁的な具合もあって、
一刻も早くビンディング化するべく
定番のシマノのPD-A530に換装。

両面SPDのPD-M530の方が安価ですが、
自転車自体のユーティリティ性を
損なわない範囲での使用を考慮し片面に。
同様の理由でSPD-SLも候補から除外。

色はシルバーとブラックの二種類。 
ブラックは塗装が剥がれると
レビューを参考にシルバーを選択。




シューズ




・とりあえずシマノ製から検討し始めるものの。


このジャンルで圧倒的なシェアを持つ
シマノのシューズ群は一貫して
専用色の強いスパルタンなデザインで
統一されており、一時はSLと併用ができ
単体重量も480g(size40)と軽量な
ベルクロストラップのSPD SH-R065や
クリッカーでは最も安価なSH-CT41G、
或は山岳色の強いSH-CT80GOの靴紐を
黒に替えて履こうかとも思いましたが、
実際に自転車専門店を幾つか巡り、
最終的にフランスのシューズブランド、
パトリックの 「POULIDOR」 に決定。


・最も希望に近いプロダクトデザイン。

POULIDORフランス国内で百年以上の伝統をもつ
パトリックが販売している 「POULIDOR」
はツール・ド・フランス100回記念大会
である2013年、同ブランドのシューズを
愛用した、ベルナール・イノーと
レイモン・プリドールの
ツールド王者二人の称え発売された復刻。

全体に開けられたパンチメッシュなどに
ノスタルジックな雰囲気が感じられる
ヒストリカルなデザインです。
カンガルーレザーを使用し本体は290gと
非常に軽量で柔らかく、横方向に
テンションが掛かっても靭やかに変形します。
ショップで足を採寸し、
ジャストフィットするサイズを試履し購入。





グリス、レンチ、クリート。



ペダルレンチ

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
自力交換のため、350mmのロットを有する
PWTのハイトルクペダルレンチを購入。
HOZANも同類の製品を販売していますが、
ロット長がPWTに比べ些か短く、
尚且つPWTのグリップのほうが
トルクを掛けられそうなデザインで、
尚且つ中抜きの15mmも備えているため、
壁に引っ掛けて保管できるなどの
メリットを考慮しPWTのレンチを購入。
グリスは専用品ではなく、安易にリチウム。
要は外したいときに外れりゃいいんです(笑)

クリートは念には念を入れプレート付き
マルチSM-SH56を購入して装着。
ペダル側の噛み付きは最弱に設定。
最も外れやすい状況のペダル設定にしてます。



因みに会計としては…




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -

kaikei.JPG


となり、ビンディング化のための支出は丁度3万円程度で収まっています。
先月紹介した専用ガレージの建設で3万円、自転車本体で10万円の支出、
更にその他細々装備品などの支出を合わせると、
総支出額は20万円を早くも突破したようです。
自転車を始めるには最低二十万円必要だ…みたいな話は昔から
よく聞かされていましたが、僕の場合、そんな程度の額では到底不足なようです。
本格的なサイクリストを目指すつもりは今も毛頭ありませんが、
まだ折り返し地点くらいでしょうか。


↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


YOU TUBE






AMAZON


posted by makomako972 at 22:59| GARAGE | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
楽器演奏動画の
紹介
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメCDの一覧。
DSC05355[2A].JPG
オススメBDソフト一覧
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
東京マルイ H&K PSG-1
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。







my bikes[1][1].jpg



Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
Recommended Article
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250


latest article[1].jpg


最近の記事