2017年07月07日

白夜 ドストエフスキー


さて、今回はドストエフスキーの短編の話でも書きたいと思います。


DSC07430A[1].jpg



ナースチェンカ「私って悪い女かしら?」



これを読んで感じたことは

「僕は物事を主観的にしか見れてない」

ということです。

それは瞬間的にナースチェンカの振る舞いを
軽薄と感じたからに他ならないのですが、訳者解説の

少女は(中略)だしぬけに現れた以前の恋人とともに、
白夜の街角に消えてしまう。
その空想が現実と触れ合ったとき、ある者はそこに幻滅の悲哀を感じ、
ある者はこの上もない喜びを感ずる。


を読んでようやく気が付くわけです。

なるほど。彼女にはなに一つの不道徳もないですよね。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
こういう描写の仕方は
メリメの「カルメン」にも見られ、
束縛に幸福を見いだすホセと
自由に幸福を見いだすカルメンの
2人の愛を論じるとき、カルメンが
利己主義的だと切って捨てることが
決してできないのと似ています。



本作の主人公について。




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
主人公の精神構造は癖があって
ドストエフスキーらしいですが、
何だか読んでいてゲーテの
ウェルテルを思い起こしました。
あの盲目感、あの熱狂ぶり、
そしてあの無限の妄想っぷり。

だとすると主人公は最後の手紙で
ナースチェンカが
評したように、黙って引き下がり
悲しみに耽るしかないでしょうか。

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
嫉妬心に駆られてマルゴーを
苛めまくった「椿姫」のアルマン
や、「マノンレスコー」の
シュバリエみたいな
キャラだったらまた話は
変わるのかもしれませんが、
どう考えても、本作の主人公は
穏健派ですから。


posted by makomako972 at 06:49| 読書 | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
TREKのカーボン
バイクを買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
外出録の
まとめ
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事