2016年11月05日

脱!オタク計画。

引き続きリフォーム中です。
そこで今回は準備の時に捨てた不要なモノの中で最もシンボリックだった
子たちのことでも書いていきたいと思います。


こいつら。


ゲームソフト



申し訳ないけど、20代の内にお別れ。



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
30歳を来年に控え、
趣味の再編を進行中。
読書、料理、ミュージカル鑑賞など
毎年増える趣味を計画的に
持続させるためアニメ、ゲーム、
等のオタク趣味を一応終了
させることにし、BDソフトを見る
為のPS3を残し全て廃棄。

好きなら30過ぎてアニメやゲーム
でワイワイ楽しんでも
全く問題無いと思うのですが、
個人的には段々辛くなってきたんで、
この辺りで撤退します。

後人よ、後は任せた。(←何様?)



FC




↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
というわけで簡単に各ブロックの
連中について書いていきます。
まずはFC勢。
こことの付き合いは29年前に遡ります。
つまり生まれた時からの
遊び相手だったわけですね。
そりゃ目が悪くなるわけです。 裸眼0.4

ゲームが趣味の親を持つとこうなります。

「夢の泉」 「MOTHER」 「アフターバーナー」
「月風魔伝」 「ドラゴンスレイヤーⅣ」


辺りは100時間以上プレイしています。



SFC


↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -

ドラクエは1~7まではプレイしましたが、
5が最も好きで
PS2リメイク版も買って遊びました。

「グラディウス3」 「スーマリワールド」
「MOTHER2」 「アクトレイザー」
「マリオペイント」 「F-ZERO」


辺りがこのブロックの
100時間越えゲームとなります。

その他も相当遊んだけど。



サターン



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
当時、周りで持っていたのは我が家だけでした。

「シムシティ2000」 「ナイツ」 「ゲイルレーサー」

の三作は100時間どころの話ではありません。
サクラ大戦は妹が中毒か!ってくらい
やってました。

ガンコンを使えるバーチャコップは今でも
プレイしたいくらい楽しいゲームですね。

あと穴場で言えば「七つ風の島物語」



PS & 64



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
何といっても「アークザラッドⅡ」。
300時間オーバーです。
パーティ全員レベル1000にして
やっとスタート地点ですからね
このゲームは。

「R4」 「GT」 「IQ」 「火星物語」 「ポポロⅡ」
この辺りのソフトの思い出は一生ものです。

この時代はゲームばかりやってました。
費やした時間を全て猛勉強に当ててたら
僕はハーバードに行けたでしょう。(←は?)

あと64のソフトも見えますね。
「マリオ64」「スターフォックス64」「マリカー64」
辺りは確実に100時間を超えています。
今でも何ら問題無くプレイできる自信があります。


PS2



↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
ギャルゲは「サクラ大戦」や
初代「ときメモ」で醸成されていた
のですが、PS2時代で現代的な
オタクの様相を呈しています。

1~12までは全てプレイしたFFシリーズ。
1~6までプレイしたGTシリーズが印象的。
あと「ダーククロニクル」もお気に入り。


さて、この連中の後にPS3のソフト、更に
「家族計画」「パルフェ」「この青空に約束を」
「クロスチャンネル」「おとボク」等の
PCゲーム絶頂期を迎えますが、今回はこの辺で。
posted by makomako972 at 16:26| GAME   REVIEW | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

お盆はMGSシリーズ一挙プレイ。

前回の記事で書かせて頂いたことと重複するようで恐縮ですが、
自営業のユーティリティ性を生かして、人と費用と時間が嵩む休祭日の外出は
極力控えて、融通の利く平日に事を進める…というのを信条としている自分としては
お盆休みは徹底して引き籠もる機会です。
で、この10日ほどはMGシリーズを一挙に総ざらいする日々に。 一応ネタバレ注意報を発令しておきます。

因みに今回で紹介する作品以外にもソポクレスの「コロノスのオイディプス」
レイチェル・カーソンの世界的著作「沈黙の春」を読み、それぞれの記事に加筆しました。 全く自己満足のためだけですが。


DSC00607[1][1].jpg



今回のカリキュラム的なもの




既にプレイ済みのパッケージソフト以外の作品はDL版を使用し、
細々した登場人物各人の通信内容などは
聴き洩らしなどが無い様にYOUTUBEの動画などを併用して徹底しました。
プレイしたソフトは、

MGS
MGS2
MGS3
MGS4
MGSPW
METAL GEAR RISING: REVENGEANCE
MGSV GZ
MGSV TPP

8作品。総プレイ時間は動画視聴時間を含め150時間前後でしょうか。



MGS




本作でソリッドに提示するリキッドのイデオロギーや思想、哲学の
形成には嘗てDDの洋上プラントで見せた孤高主義と理想主義や
それを体現する権力に対する
反抗精神が色濃く根付いている様子が窺え、興味深いですね。

PW以降、プレイヤーの間で正邪の論議が白熱したヒューイと、
主要キャラである息子のハルは、政治に蹂躙された
サイエンティストとしての自責の念に駆られる描写から、
自身の正義をプレイヤーに提示するという共通の性質をもつ人格上、
一見して表裏一体のアイデンティティを持つ人物のように見えますが、
改めて本作をプレイしてみると、機械やテクノロジーに対する
関心しか窺えなかったヒューイとは異なり、
息子のハルには人に対する衷心よりの愛情や関心がみられ
人物として明確に異なる様子が見て取れます。
それはヒューイのストレンジラブに対する認識と
ハルのウルフに対する認識との齟齬にも同様に表れています。



MGS2




「愛国者」の存在が明確に提示される本作の背景には、
当時爆発的に普及していたインターネットの存在を強くプレイヤーに
意識させるシナリオ構造が見えます。  それは雷電がソリダスと
マンハッタンで一騎打ちになる際、GWが生み出した大佐とローズの
疑似AIが雷電に投げかける暴力的な
真理に彩られた言葉の数々にも窺えます。

シリーズでは珍しく、主人公の雷電は
「愛国者のAI」と、「実態ある人格であるソリッドたち」
という2つの「主」たるチャンネルの「従」となることで、プレーヤー自身に
真実とは何かを巧みにコンフリクトさせているのが印象的です。
さらに最終的にはソリッドたちが提示する真理に雷電が惹かれていく…
という描写も不自然さが無く、写実的で素晴らしいと思います。



MGS3





シリーズ全作を見直してみるとザ・ボスに全てが波及し帰結している
という構造が鮮明となりますが、彼女はそれだけの圧倒的な
人間力で作品群全体を支配しています。
その源泉となる本作で語られる彼女の諦観は圧巻の一言に尽きます。



しばしば本作はハリウッドのアクション映画と同等に
カテゴライズされることがありますが、
愛国心で体現される全体主義的社会の危機に、
その全てを一人の人間の自己犠牲で救う…
という非現実的ヒロイズムにフォーカスすることで
版画の様に同類の作品を生み出すハリウッド作品の
構造とは異なり、本作のザ・ボスにあるのは
そんな美化された現実の裏側にある
不条理と理不尽という自然主義的な闇であり、
その闇を背景に光り輝く彼女自身の核心があります。
「忠」という言葉で表されるその光を最も印象深く体現する彼女の

宇宙から見た地球には国境などどこにもない

というセリフ。為政者や理想主義者の口から聴き慣れた
ニュアンスの言葉でありながら全く異なった認識を
プレーヤーである僕自身に抱かせたのは、
現実の人の無力を知りすぎて尚、
自らに対し自らの「忠」を尽くす
彼女自身の生き様に他なりません。


MGS4



集大成として世に送り出す…という製作者側の姿勢が
強く感じられるのが本作で、嘗てのシリーズで重要な役割を果たした
キャラクターが総出演し、尚且つ世界規模の危機に立ち向かうという
本シリーズが持つ共通のスケール感は本作で最大まで高められ、
そのシナリオ構成からも本気度が窺えます。

作品自体はプレーヤーが操作するアクション画面とムービーとの
比率比重が後者の方に偏っているという指摘もありますが、
ブランクメディアの容量と、作品の基礎的コンセプトを
考慮すると致し方ないのかなという気もします。
伝達しなければならない情報量もさることながら、個性豊かな
キャラクター個々のもつ明確な政治的、経済的、心理的な
思想から価値観、死生観といったものまで、余すことなく映像と
言葉で表現するにはやはり相当のムービーが必要となるのだと思います。

MGSを小学生の頃にプレイしていた自分としては、
終盤のシャドーモセス島再上陸の場面での
演出には鳥肌が立ったのと同時に深いノスタルジーが沸き起こりました。
こういう演出は「来る」と解っていても感動しますね。




MGSPW




媒体がUMDということもあり、記憶容量に限りがあるので
従来のMGSシリーズのようにCGクオリティがモノをいう作品との
兼ね合いをどう対処するのかが発売前から気になっていたのですが、
アメコミのような静止画スライドで対応することで演出上の
情報量低下を巧みに回避しています。
見慣れないうちは少し演出の臨場感が損なわれたような
印象がありますが、30分もすれば慣れてきます。
さらに重要なポイントではフルCGでのムービーになるので問題はありません。

本作で重要な位置を占めるパスの本性は
イノセンスをえらく感じさせる水樹奈々さん持ち前の
演技によって上手く韜晦されています。
どう考えても国連大学の女学生という感じで
あんな人間であるとは思えませんでした。



METAL GEAR RISING: REVENGEANCE






古くはブシドーブレードあたりから続く
日本お得意のブレードアクションです。
視点を雷電に絞り、スネーク関係の方々は一切出演しないという
スタンドアローンなスピンオフ作品ですが、戦争による人権の問題、
更にその人権が経済的な格差や状況によって実質的に剥奪される
近未来の現状を示唆しているという点ではシリーズ共通の
シグナリングを行う作品であると言えます。



自らの内に秘める殺人衝動という本能と、活人剣という有意識との
対立構造は、和月伸宏さんが嘗て自からの作品に於いて
緋村剣心という被造物を用いて表現したものですが、
その剣心とは異なり、雷電は本能の開放のみでしか、
人の恣意的な社会システムを
是正できないという割りきった認識下で動いている点に
同シリーズの作品らしいリアリズムが感じられます。



序盤はその過程で陰から陽、陽から陰へと千変万化する
雷電の人格ですが、堀内賢雄さんの高い演技力で矛盾なく
体現しているのも印象的で、雷電自身の葛藤などを含めた
アイデンティティも、MGS4時から形は変えたとしても
根本にあるものは些かも変わらないという点も小島監督自身が
生み出した自らの被造物に対する深い洞察が見て取れます。




MGSV





MGS4をプレイした時点での私的なゼロ少佐のイメージは
孤高の独裁者でしたが、本作の
「カセットテープ スネークを見舞うゼロの盗聴」の記録を聴く限り
その認識は間違っていたと認識させられます。
寧ろ世界を健全な形で統一しようとする試みに於いては
ザ・ボスの諦観を高い次元で認識していたとすら思え、

「私のことはいい だが君にあの男がしたことを許すわけにはいかん」

という台詞から
ビッグボスを真の友人として我が身よりも深い次元で
案じていたというのは最早疑いようが無く、
愛国者による戦争ビジネスの連鎖という後の悲劇も、
実質的には彼の意志でなく、彼が生み出した代理AIの
意志であったことを考慮すれば、罪の如何は別として
恒久的な平和を希求していたと言えます。


MGS4のラストでソリッドがビッグボスと会話をするシーンで、
ビッグボスは人工呼吸器付きの車椅子で辛うじて生きる
ゼロと再会したときに湧き上がってきた感情は憎しみではなく、
懐かしさだった…と語る回想からもビッグボスは
ゼロの真意に対する尊重の念が
幾ばくかあったのではないかとも思うわけです。
しかし新しい時代の到来には自分自身とゼロを
始末しなければならないということも
同時に認識していたわけでもありますが。

posted by makomako972 at 11:46| GAME   REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

ゲームキャプチャー的なことをやった話。

毎度ご覧いただきましてありがとうございます。
この度二十七歳になりましたワタクシmakomako972です。

今から遡る事三年半前、まだ僕が二十三歳だった頃にスタートしたこのブログですが、
当初作りたかったものに最近はかなり近づいてきまして、大凡六~七割くらいの満足度合に至っています。

しかし他の方々が運営しておられるブログやHPに較べると、まだまだ足元にも及ばないほどのものなので、
今後もボチボチ更新していけたらいいかな…と、こう考えている次第なのですが、
それに加えて、半年前からやっているyoutubeの動画アップロードのほうにも少し重心を傾けて、
コンテンツをチョコチョコ出していこうかなと小癪なことも考えております。

というわけで、この度GV-USB2という有名なビデオキャプチャーデバイスを購入したので、その話でもしていきたいと思います。

入力系統はコンポジット+S端子で、出口はUSBとなっているベーシックなタイプで、手軽にキャプチャーが行える優れものです。
因みに配線は以下のように行いました。

wiring diagram.JPG



ハード面の話

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -


僕の部屋はパソコン使用時、プロジェクター使用時で異なるサウンド環境に
切り替えるいわゆる2way構成となっていますので、
多少変な配線図になっていますが、
要は太ピンクで囲ったGV-USB2のみが肝要な部分でして、
まず、音声に関しましてはコンポジットLRのみの選択肢ですので
おとなしく所定のゲームコンソールに接続します。
厄介なのが映像の方で、S端子をPS3にダイレクトで接続しても、
パソコン側でプレイ内容自体はリアルタイムでモニタリングできるのですが、
この方式では結構なレイテンシが発生するためレスポンスに問題があります。
CTB方式のRPGなどの穏やかなゲームであれば耐えられるかもしれませんが、
アクションゲームではほぼ不可能でしょう。
なので今回、PS3から出力された映像信号は二股のSケーブルで、
TVのビデオ入力とGV-USB2へ片方ずつ供給します。
このような構成を配することで、録画中もビデオ入力のほうでゲームをプレイすれば、
上記のレイテンシは発生しないので、
違和感なくプレイできる仕組みになっています。
(既に一般的となっているテクニックですが 笑)


ソフト面の話


↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
更にソフト面で言えば、このGV-USB2に付属している
LightCaptureというソフトはゲーム画面を16対9で表示することは出来るのですが、
録画した映像は4対3に変換されてしまうためアス比が上手く噛み合いません。
代替え案として有名なアマレコも使用してみたのですが、
結果は同じで、録画した動画データを参照してみると4対3に変換されてしまいます。
そこで以前から静止画キャプチャーソフトとして使用していたbandicamに
付属している動画撮影機能を使用して、
強制的に16対9の環境を作り、録画しました。

幾度かのテストをしてから以下の動画をアップロードして気づいたのですが、
上記の方式で動画を作成する場合、付属のLightCaptureを使用するより、
品質レベルを最高に設定したアマレコのほうで
キャプチャーしたほうが高品質な動画になることが判明し、
少し後悔しています…が…まあ初めてなんでこんなもんでしょうかね。


因みに今回プレイしたのはセガがリリースした
ナイツというゲームのファイナルステージの攻略動画です。
非常に技術介入度の高いゲームですが、
極めて動きが激しいためインターレース特有のギザギザが目立っています。
肝心のプレイ内容はオンラインの世界ランキングでも
最上位に入るスコアですので、珍しく少しだけの自信があったりします。







↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


AMAZON





タグ:ゲーム nights
posted by makomako972 at 02:35| GAME   REVIEW | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

続、GT6プレイ日記。

こちらの記事の続きです。

年が明けてもイベント更新が継続され、レッドブルチャレンジや
車種の追加など魅力的なアップデートが行われ、
一時は103%まで上昇したゲーム達成率も現在は100%で固定。

暇つぶしに時々遊んでいると7月末現在、
GT6のステータスは以下のようになってきました。

GT6の達成率1

獲得総賞金は880億円超、
チューニング費用も110億円超え。
ここまでくるとやることがなくなってきますね。
まあ270時間以上も遊べば当たり前ですが。

GT6の達成率2

所有している車の総数は、ガレージが493台、
ストックヤードに170台の計663台。
1000万円超の車は全て買い尽くし、
330P4を追加購入することで資金を消化していたら、
気づけば12台所持という状況。

次作では是非ガレージストックの制限は
撤廃してほしいところ。500台は直ぐ埋まります。
所持金50億円もすぐオーバーフローになります。

ゲーム難易度はもっと厳しいくても良いと思うのですが、
まあそれは僕個人の勝手な感想なので言っても仕方ないことですね。


というわけで今回も、新たに買い足した愛車を紹介していきたいと思いまふ。


330P4


まず初めはフェラーリ20億円コンピ。
フェラーリは何を購入してもCGの作りこみが精緻で素晴らしいです。
普段チェイス視点でプレイしている僕ですが、
特にこの二台はコックピットに切り替えたくなる2台です。


シャパラル2Dと2J


次は、シャパラル2Dと2J。
2Jは化物のように速く、PP制限レースでの使い勝手がグッドです。
今から40年も前にこんなものが存在していたかと思うと、
モータースポーツの重厚な歴史を感じますね。


LM


次はイギリスのLMカー二台。


LM


それに日本のLMカー二台。


LM


フランスのLMカー二台。


code [1].jpg


最後はドイツ製のUFO。 色を塗り替えただけですが。



↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク



DSC05355[2A].JPG
W168 A160を体験。
DSC05355[2A].JPG
ハーレーを
買う!
DSC05355[2A].JPG
CIVIC TYPE-Rを体感!
DSC05355[2A].JPG
モーターサイクルショー
に行く!



YOU TUBE


GT6 Concept Movie #6 "Start your Engines" & Toyota FT-1: 2014 Detroit Show

 


AMAZON





posted by makomako972 at 06:14| GAME   REVIEW | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

GT6 ゲーム達成率101%。

2013年最後の記事です。
運営しているショップは今年、全店とも去年比で増収増益でした。
労働時間も去年の1400時間に対し今年は約1250時間。
当ブログのアクセス数も2倍程度増加し嬉しいことです。

私生活に於いても大がかりな支出見直しを行い生活水準を
維持したまま支出を半分程度に抑制。
来年は更に自堕落な生活になりそうです。
因みに4台のバイクと2台の車は健在です(ここのところ全く乗っていませんが)

私的には調子の良いことばかり起こった感のある2013年ですが、
人間万事塞翁が馬。いつも良いことばかりではないでしょうから、
まあこんな報告はどうでもいい話といえばどうでもいい話ではあるんですが。

しかし!そんな中、来年に持ち越してはならぬ重要な課題がこちらGT6です
※因みにGT5のレビューはこちら

GT6

今回もこのGT6を予約した時点で、

“兎に角どんなことがあっても今年中に全て終わらせよう!”

というスローガンを打ち立てていたので、頑張ってプレイしてみると
意外に楽々攻略出来き、自分の納得できる最低限の結果に至ったので、
この度記事に起こすこととしました。

PC313139[1].jpg

PC313182[1].jpg

全てのレースで1位、ライセンス全てオールゴールド、月探索やグッドウッド、
コーヒーブレークやワンメイクレースなども全てオールゴールドにしました。
獲得賞金合計は40億Cr、内所持金は12億Cr。総走行時間は45時間。



買った車の色々。


今回も購入したガレージの車の中でお気に入りを紹介していきます。
まずこちらのコンビ。

Gt X.jpg

レッドブル2011プロトタイプと、ジュニアの二台。
ジュニアはレッドブルチャレンジで簡単に入手することができますが、
2011プロトタイプも6億クレジットとお手頃価格で販売されているので、
入手するのは比較的容易ですが、レースには当然のことながら
PPの問題で出場できないのであまり出番はなかったです(笑)

ro GT.jpg

お次はこちらも毎回お馴染みのフォーミュラGTと、
奇才ゴードン・マーレイが設計したロケットのオープンホイールコンビ。
前回の5ではフェラーリのF1マシン二台が参戦していましたが、今回は無い為
実質的にレッドブルXの次に速いのがこのフォーミュラGTとなっています。
同じくPPの問題でレースに出場できない不遇の1台。

7 mi.jpg

お次は今回GT6に於いて最高の稼ぎ頭となってくれたトヨタ7と、
Sクラスの耐久レースで大活躍してくれたミノルタの二台。
まずトヨタ7はPP750以内の緩いレギュレーションレースではかなり使えます。
価格もリーズナブルなので購入しやすいのも嬉しいところ。
しかし、ヘッドライトが搭載されていないのでレース中に日が落ちてしまう
コンペティションには参戦できないため、
そういうときにミノルタが代わって活躍してくれます。
因みに写真はミニチュアで撮影。

S S.jpg

シトロエンGTは買いましたが以外と高く二億二千万以上します。
ロードカーはレースかライセンスを攻略する過程で
勝手にプレゼントカーで入手したものです。
何となくコレクターズアイテムとして持っている二台です。

Z C.jpg

お次はザウバーC9とCLK-LMの二台。
ハッキリ言ってこの写真は撮り方が雑ですね(笑)
本来はCLK-LMのほうを前に持ってきたかったのですが、
グラフィックの作りがC9の方が美しかったので
急遽入れ替えて撮影したためこんな感じになっています。

7B 'b.jpg

お次は7B。これも毎回GTのナンバリングタイトルが出る度に
購入する1台で、GT5の記事ではステルスエディションを
UPしたので今回は通常色のモデルを購入。
並べて撮影したいというだけで同色のRX-8のモディファイカーを
購入してバシバシ撮影していましたがこれもその一枚。


Pk Pk.jpg

お次はパイクスピークのモンスターマシン二台。
エスクードは初期のGTシリーズでは鬼のようなパフォーマンスを発揮し、
全てのレースを総なめにできましたが、ここ数年のタイトルでは
かなりその状況も補正されている模様。
あとレーシングギアは例のアイルトンセナ仕様。
因みにダートレースの攻略ポイントはTCSは絶対にキャンセルすることです…
という当たり前のアドヴァイスも書いておきます(笑)

en en.jpg

お次はENZOとFXXの二台。ENZOは前回のGT5から登場していましたが、
今回のFXXは購入してみてそのグラフィックの精緻な作りに感動しました。
価格も2億円と250等に比べると安いので是非買ってみて下さい(ゲームの話)

jul 147.jpg

最後は当ブログのGTレビューでは毎度お馴染み、
今自分がリアルで所有している車である147です。
今回はゲームの中で価格10億円の超高級車ジュリアスプリントの
コンペティツォーネとともに撮影。
因みにリアルの世界で所持しているもう一台の車ホンダザッツは
登場していないので寂しいところ。


車両特性とセッティングの有効性



アヴェンタドール体感的に4WDの特性がアンダー傾向に
なったGT4辺りから、セッティングは
重要な意味を持つようになってきた
印象があります。
GT6に登場する四駆も旋回中、
クリップにノーズを向けるには
相当スピードを落とさないといけないので
リアのバネレートを締め、意図的にオーバーが優勢な
ステア特性へとシフトさせないと使えません。
車高調でもステア特性を変化させることは可能なのですが
僕の場合、フル調整のサスを購入した時点で車高は前後とも
最低まで落としてしまうので、バネレートで調整をするしか無いわけです。


F430更にデフをリア寄りに変えることで、
FRに近い駆動軸特性を与え、旋回中に
スロットルを開けるとテールが
パワースライドを起こしてクリップの
方向に車体が向くようにしてやります。
これに関しても、GT4以前では、
大凡殆んどの駆動方式に於いて、
旋回中にリアのトラクションが著しく抜けてもアナログパッドの
逆操舵でヨーダンピングへと導きやすかったのですが、
近年のGTシリーズ作品は、リアスライド時にカウンターを
当てすぎると一瞬でヨーを増幅させてしまいお釣りをもらうので
テクニックが必要です。
それでもアンダー傾向が強い場合はスポイラーの角度を
寝かせるなどしてリアのダウンフォースを落としてやると、
リアのトラクションが抜けますので、よりスライドしやすくなります。
コーナリング時の純粋なパフォーマンスを追求するならサスを
ネガティブキャンバーにしてやることでも旋回力を得られます。


787B旋回力重視のセッティングに
すると、ダウンフォースで
ストレートスピードが失われたり、
ネガキャンやトーアウトに
変えることで直線安定性を
失いますが、そこは走行する
場所のストレートレンジに適合したギア比に設定することで、
失った分くらいのパワーは回復できるように思います。

買った車にセッティングせずにそのまま乗っている人でも、
フルカスタマイズのギアBOXを購入して、
そのギア比の調整をしてやらないと、トップギアの
トルクバンドの半分、最悪一段分を使わないまま
周回を終えてしまう事もありますので、
ココだけは調整しておいたほうがいいでしょうかね。
(まあ僕なんかに言われるまでもなく皆やってんでしょうけど 笑)
前後重量比の値が異なる車はその比重に応じて
ブレーキバランスを変えてやることでも
制動距離を短縮したりできますので
そのあたりも重要なポイントとなってきますでしょうか。


達成率100%達成までの難易度はさして高くない



ALFA147 DUCATI SS900IE

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
さて、今回のGT6を割と隅々まで
プレイして気付いたことなどを
簡単に列挙していきたいと思います。
まず初めに感じたのは
プロコード付きの初回版で
プレイしないと、完全クリアは困難だ
ということです。
難易度はGT5の頃に比べ各段に優しくなっていますが、
それでも初回限定のアニバーサリーカーの有無によって雲泥の差があります。
恐らく通常版では資金集めにひたすら邁進しなければならず
進捗状況は中々に好転しないと思われます。

ALFA147 DUCATI SS900IE

↓ Full-Resolution ↓

Photography by makomako972
↓ Return to top page ↓
http://makomako972.seesaa.net/

- CLICK TO ENLARGE -
因みに…特に苦戦したのは
IAのカート125 shifterの第三戦。
グッドウッドは概ねすぐに
オールゴールドを獲得できましたが、
最後のXを使用しての区間アタックは
それなりに苦戦しました。
各種ライセンスはスーパーライセンス
までオールゴールドを獲得しましたが、
今回は特に苦戦することもなく
スルスルと獲得できたように思います。
耐久レースもタイヤマネージメントをキチンと行えば
まず勝利を逃すことはないでしょうし、
月面探索も最適な順序やルートを見つければ比較的楽にクリアできます。
通常レース群は、パワーリミッターで制御したマシンを
適材適所に投入していけば初見でも大体は一発で一位になれるはず。
初回版だったことも相俟って資金集めも
今回はそんなに苦戦した覚えはありません。
数億円程度の車だったらすぐに手が届きます。
私的にはもう少し優勝賞金は少なくても大丈夫かなという印象でした。

テイルズオブエクシリアの記事でも書いたことですが、
近年のテレビゲームは、どのジャンルに於いても
全体的に難易度は低下傾向にあるように思います。


関連記事   続、GT6プレイ日記



↓ Related article & External Links ↓
関連記事 & 外部リンク


YOU TUBE


GT6 Concept Movie #6 "Start your Engines" & Toyota FT-1: 2014 Detroit Show





AMAZON





posted by makomako972 at 17:27| GAME   REVIEW | 更新情報をチェックする


other con[1].jpg



DSC05355[2A].JPG
財布とカード類の選定
DSC05355[2A].JPG
TREKのカーボン
バイクを買う
DSC05355[2A].JPG
ビアンキの
ロードを買う
DSC05355[2A].JPG
自転車専用
ガレージ制作


DSC05355[2A].JPG
自作、工作したもの。
DSC05355[2A].JPG
オススメの
CDやBDの紹介
DSC05355[2A].JPG
100冊読書の記録。
DSC05355[2A].JPG
シアターシステム紹介。


DSC05355[2A].JPG
法務大臣からの感謝状
DSC05355[2A].JPG
外出録の
まとめ
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
U3A
DSC05355[2A].JPG
デスクの小物たち。






my bikes[1][1].jpg



DSC05355[2A].JPG
Harley
Sportster
DSC05355[2A].JPG
DUCATI
SS900
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
FZ400
DSC05355[2A].JPG
YAMAHA
JOG ZR
DSC05355[2A].JPG
HONDA
NSR250
  
DSC05355[2A].JPG
KAWASAKI
ZEP 750
  
DSC05355[2A].JPG
HONDA
SPADA 250




latest article[1].jpg


最近の記事